参加者の声


仲間と一緒に一つの事を達成する感動があった。20代女性(学生)

参加したのは大学2年の時です。演じることが好きで、

 

学校の英語劇以外に学外でもやってみようと思ったのがきっかけでした。

留学を控えていたので短期できる舞台はないかと、探して見つけたのがこの市民劇場でした。

 

 一番はじめに「自分の好きなように演じればいい」と言われたのが物凄く記憶に残っています。実際、皆自由に演じていて、メンバーによって全く違った仕上がりになっていました。

そのメンバーに会えたのも市民劇団の魅力です。

短い期間だったのに3年経った今でも連絡をとり会うほど仲良くなりました。

揉めたりしたこともありましたが、

一つのことを皆で達成するのは何物にも変え難いものだと思います。

私にとってその達成目標が公演で、その機会を与えてくれたのが「座・大阪市民劇場」です 

 


【普段出会う事もない仲間と出会った。2年経った今でも繋がってます】

50代男性

 

 

生活の中で、仕事でいっぱいいっぱいだった私は

「こんな仕事で忙しいだけで、何も無い人生じゃダメだ 」と思い、

昔から少し興味のあった演劇の世界を経験してみたいと探していて、市民を見つけました!

「ここなら土日の稽古のみだし、仕事しながらでも、何とか続けられるかな?」

と思い、応募しました。

実際参加して演劇、それ自体の面白さもさる事ながら、

仕事だけでは出逢うことの無かった老若男女様々な各方面の方々に出逢えたことです。

今でも当時一緒に出演した仲間とは、集まってお花見をしたり、交流が続いています。


【ここで出会った仲間が何よりの財産です】

40代女性

恩師の舞台を観た時、私もあの舞台に立ちたい!っと思い、

どこか無いかとネットで探していたら一般参加型の市民劇場」とありこれだっ!

と即応募しました。
それぞれ個々に持った思いは様々で、初めは年齢も親子ほどであったりで

中々一つになるのが難しかったですが共に作り上げていく中で

全てに協力し合い時にはぶつかる人もあったり本番が近づくにつれ

メンバーとの結束の様なものが出来てきて、

協力し合える喜び楽しさを存分に感じられました。

 

本番ではメンバーの心が一つになりとても素晴らしい舞台になりました。

そして何よりもこの「座・大阪市民劇場」という場所でしか出会わなかった

仲間が出来た事、それが何よりの財産になりました。

また参加したいと思っています 


現在、出演者募集中

 

お問い合わせはこちらから

メモ: * は入力必須項目です