座・大阪市民劇場の流れ


【座・大阪市民劇場説明会&オーディション】

舞台に向けてのはじめの一歩


オーディションと言っても、合否を決めるものではなく、

皆さんの持っている個性を演出の先生に見てもらう場です。

また、どういう場所でどんな人と舞台を作りあげていくかの確認の場でもあり、

何よりも、仲間になる、メンバー同士の顔合わせの場でもあります。


【稽古スタート】

 

 

 

舞台に立ちたい(5歳~80歳迄)

のメンバーでいよいよ稽古スタート!

はじめは皆緊張してるけど、回数重ねると、とっても仲良し♪


こんな感じに仲良くなってしまいます♪

それぞれのメンバーが打ちとけやすいように

演出の先生に顔を覚えて貰う為の交流会もあります。

 

本番に向けていよいよ台本が渡されて初めての本読み開始!

最初はみんな緊張して声が出ない(笑)

そして、台詞も覚えて、いよいよ立ち稽古がはじまります。

みんな真剣です!! でも楽しそう!!

 

なんども、稽古を重ね、仲間と一緒に作り上げていく舞台本番が近づき・・・

 遂に、衣裳&メイク&小道具&照明付き!!

 

そしてお客様の前で舞台上演!!

半年間、積み重ねた全てを舞台で表現する瞬間”

主役は出演者全員、演じている皆が主役

それぞれの想いがカタチになる。そんな舞台公演です。